So-net無料ブログ作成

ツイッターのアカウント削除 [注目ワード]

ツイッター上で何者かに「なりすましアカウント」を作成された埼玉県内の女性が、ツイッター社を相手にアカウントの削除を求める仮処分をさいたま地裁に申請し、昨年末に認められました。
個々の投稿の削除が認められたケースはたくさんありますがアカウント自体の削除を命じられるのは異例です。専門家は「多発する『なりすまし被害』を救済する画期的な判断」と評価しています。
 ツイッター社は「(アカウント自体の)全削除をすれば、将来の表現行為まで不可能になる」と反論しましたが、地裁は削除を命じる決定で「アカウント全体が不法行為を目的とすることが明白で、重大な権利侵害をしている場合は全削除を命じられる」とし、女性のケースもなりすまし自体が人格権の侵害に当たると認めました。
今までのように個々の投稿を削除しても、アカウントが存在する限り「なりすまし」は続くので、アカウント全体を削除することが出来る今回の判決は被害を受けている人にはありがたいです。
今後もこのようなケースはあり得ますので、削除されるアカウントも多くなるかもしれませんね。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

nice! 0