So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

ラインの送信取り消し [パソコン]

LINEで送信の取り消しができるようになるそうです!実装されるのは12月以降ですが、「送信取消の対象となるメッセージは、機能提供開始時は24時間以内に送信したメッセージ」だそうです。LINEは自分の画面ではメッセージを削除できても相手の画面はそのままでした。度送信してしまったら消すことはできなかったのですね。何で今までできなかったんでしょうね?「既読」のついたメッセージの削除可否や消し方などの詳細12月以降に発表されるそうですこれで送信相手を間違えた、まじめな話の最中にふざけたスタンプを送ってしまった、写真を間違えたなどの失敗がなくなりそうで、利用者にとってはとっても朗報です。24時間の時間制限や他の機能もユーザーの反応を見てアップデート予定だそうです。


 breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(1) 

2段階認証 [パソコン]

「認証」とは利用者が本人かどうか確認するものですよね。なのでIDやパスワードが必要となってくるのです。が、最近はこれだけでは安全とはいえません。さらに安全な認証の方法として2段階認証があります。2段階認証は、利用者が知っている情報を2回に分けて認証します。パスワードで認証後、自分が登録した情報(メールアドレスや秘密の質問等)が問われてそれに応えることや、サービス提供者から発行された確認コードで認証するものです。確認コードは利用者が登録したメールアドレスに送信されます。期間限定で期間が過ぎれば利用できなくなる仕組みですので、指定期間内にログインしないと再度ID・パスワードの入力を必要とします。たまたま知ったID・パスワードだけではログインできないので安全性が高まります。また、オンラインバンキングなどで利用される2要素認証はさらに安全です。2要素認証はID・パスワードとトークンやスマートフォンなど利用者が持っているものに表示されるワンタイムパスワードを組み合わせて認証します。マイナンバー制度のセキュリティ対策でも2要素認証が導入される予定です。ちょっと面倒な2段階認証・2要素認証ですが、安全、安心というメリットにはかえられません。


 breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

フラッシュのサポート終了 [パソコン]

Flash(フラッシュ)とは1996年に誕生したWebページで動画やアニメーションを再生するためのツールです。バナー広告やゲームやタイピングソフトなど、動くもの全般に使われていました。一時は圧倒的なシェアを誇って、インストールされていないと、ホームページの閲覧や操作に支障があるほどでした。ところが、開発元のAdobeシステムズはこの「Flash Player」の配布とアップデートを2020年に終えることを725日発表しました。理由はアップル社の「iphone」「iPad」がフラッシュに対応していないこと、ホームページ規格がマルチメディア対応にバージョンアップされたこと等です。ただ、今でもWebページ上ではFlashがないと動かないものが結構あります2020までには、全てFlashがなくても動くようになるのでしょうか現在よく見ているページがリニューアルされたら、こういう事情もあるかもしれません。


breathlogotoumei.pngインターネット・パソコン ぶれす


 


nice!(0) 

自動更新VS強制更新 [パソコン]

今年の4月にマイクロソフトが発表した大型アップデートのCreatorsですが、配信のピッチが高まっているようです。最近PCを起動したらものすごく時間がかかってしまって困ったという経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。ほとんどの方は、「自動更新」をオンにしているので気付かないうちにクリエイターズアップデートがダウンロードされます。パソコンの終了時に「更新してシャットダウン」や「更新して再起動」というメニューがでる機械の方は、自分のタイミングで更新ができるのでいいのですが、メニューが出ない場合は、ダウンロード後の起動に最大で2時間ほどかかるようです。パソコンをすぐに使用したい場合には注意が必要です。普段からパソコンを終了するときに更新のメッセージが出ていた時は、一度時間に余裕のある時に起動する、と覚えておくといいです。この自動更新は、Windows 10 Proでは延期設定をしておけば勝手に更新されるのを回避できるのですが、Windows 10 Homeでは回避不可能だそうです(‘Д’)あきらめて待つか、自分の都合のよい時に強制的にアップデートしておくかです。自動更新をオフにしてしまうという手もあるようですが、おすすめは出来ません。強制的なアップデートは、スタートボタンの〔設定〕から〔更新とセキュリティ〕を選ぶと、新しい更新プログラムの有無がわかりますので、もし「お使いのデバイスは最新の状態です」という表示でなければ、その場でアップデートを実行します。自動更新に困っている方は試してみてください。


breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


 


nice!(0) 

画像に簡単モザイク [パソコン]

さて、前の記事の続きのようですが、他人が映り込んでいる写真をブログやSNSに載せる場合はその人の許可がないといけないません。でも、許可があったとしてもプライバシー保護のためにモザイクをかけたい場合もあるでしょう。画像処理のアプリがあればよいのですが、ない場合はwindows標準装備の「ペイント」でモザイクっぽくすることも出来ます。やり方は意外と簡単ですのでぜひ参考にしてください。
①ペイントで画像を読み込む。
②選択ツールででモザイクをかけたいところを選択する。
③「サイズ変更」で縦横比を維持したまま、水平と垂直方向を20%に縮小する。いったん「OK」をクリック
④再び「サイズ変更」で水平と垂直方向を500%に拡大する。
これで結果的にはピクセルが荒くなってモザイクをかけたような効果が得られます。お試しください。

 breathlogotoumei.pngインターネット・パソコン ぶれす


nice!(0) 

ネットで書かない方が良いこと [パソコン]

多くの会員さんがブログを持たれています。SNSを利用されている方はもっと多いと思います。そこで今回はネットに書いてはいけないというNG集を確認してみます。(すでにブログ・SNSのベテランの方は、当たり前だよ~と思われるかもしれませんが…)

誹謗中傷や嫌がらせ[→]名誉棄損などの罪に問われることもあります。第一見てくれた人を不快にさせます。

個人情報の記載[→]ブログは基本的に誰でも見ることが出来るという事を忘れないようにしましょう。なりすましや詐欺などに利用される恐れもあります。

著作権の侵害[→]他人の記事やWeb上で見つけた写真を無断で使うのもNGです。画像の中には自由に使用ができるものもありますので、そういうものを探しましょう。

間違った情報[→]Web上では「フェイクニュース」といわれ、虚偽の情報が蔓延しがちです。昨年のアメリカの大統領選挙の時も影響したといわれています。自由に情報が発信できるからこそ、正確な情報を伝えたいものです。

アドセンス規約違反[→]自分のブログに広告を載せて、うまくいけばおこずかいが稼げるかもというのがアドセンス広告です。が、アダルト関係、たばこや薬物、アルコール、暴力的な記事、偽ブランド関連 の広告はダメです。アドセンス規約に限らずこれらに関する記事は良くありません。

利用サービスの規約違反[→]どこのサービスも広告や販売をしていいわけではありません。サービスによってそれぞれ規約があります。
禁止されているから云々ではなく、書く方も読む方も両方ハッピーになるような記事だったら最高ですね。

?breathlogotoumei.pngインターネット・パソコン ぶれす


nice!(0) 

ペンギンアップデートって? [パソコン]

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で「検索エンジン最適化」という意味です。

SEO対策とはGoogleYahoo!などの検索エンジンの検索結果で自分のページが上位にヒットするように何らかの対策を行うことです。それ自体は悪い事ではないのですが、行き過ぎて不健全な行為になる場合もあります。色々なテクニックがあるようですが、例えば「クローキング」という手法はWebサイトに細工を施して、検索エンジンとユーザーに対し、異なるページやコンテンツを出し分けて検索エンジンの評価を高めようとします。また、昨年末医療に関するまとめサイトが問題になりました。このサイトはオリジナルのコンテンツがほとんど存在しないページでした。これも不健全なSEOになります。現在ではSEO対策をしないと、検索結果の上位に表示されにくくなっているそうなので不健全なSEO対策が横行しているようです。そのためGoogleではそのようなSEO対策の効果がないように適宜アルゴリズムをアップデートします。最新のアップデートでは違反しているWebサイトに警告文を送ったうえ、検索順位を下げるペナルティを科すことにしました。これは「ペンギンアップデート」と呼ばれています。これはペンギンの柄のようにホワイト(健全なSEO)とブラック(不健全なSEO)を区別するという意味が含まれています。検索結果のみに気を取られすぎない、価値・魅力のあるサイトがきちんと上位に出る検索結果になるといいですね。

breathlogotoumei.pngインターネット・パソコン ぶれす

 


nice!(0) 

キーボードはキタナイ!? [パソコン]

台所スポンジは細菌の温床だとよく言われています。不安をあおるようなCMもよく見かけますね。清潔にするのは良いことですが、あまり心配しすぎるのもどうかと思います。米アリゾナ大学の微生物学者が行った研究では、「携帯電話には便座の10倍にあたる細菌を付着しているとの結果が示されている」そうです。他にも「オフィスのキーボードは拭き掃除した後の便座の5倍汚い」とか「オフィスの机は便座より400倍キタナイ」等とも言われています。人がよく触れるところはどうしても汚れがちです。特にキーボードやマウスなどのパソコン周りは掃除のしにくい所です。多数の細菌に取り囲まれた環境が免疫を高め、アレルギーやぜんそくの改善につながることもあるそうですので、神経質にならず、どうしても気になる方は除菌シートなどで時々拭いてみる程度でよいでしょう。

breathlogotoumei.png インターネット・パソコン ぶれす

 


nice!(0) 

Microsoft Office [パソコン]

少し前までパソコンを買えば予めOfficeが入っていましたが最近は入っていないものも多いですね。ユーザーの用途に合わせて、一口にOfficeと言っても、種類がたくさんあります。最初からパソコンに入っているものは「プリインストール版」と言います。マイクロソフトのサイトでは「Premium」と言っていますがパソコンにソフトが入ってはいますが、使い始めるときにはマイクロソフトのサイトで、プロダクトキーを入力しアカウントを作り、ライセンス認証を行わないといけません。プリインストール版は、永続ライセンスですが当該のパソコンに限られており、他のパソコンへライセンスを移すことは出来ません。アップグレードは当該パソコンでのみ出来ます。従来の「パッケージ版」は、永続ライセンスですので購入するとパソコンが変わってもずっと使い続けることが出来ますが、アップグレードは出来ませんので、マイクロソフトのサポートが切れると危険な状態になります。また、2013版以降は販売されていないようです。現在主流となっているのは「サブスクリプション版」です。サブスクリプションとは購入ではなく、使用料を支払うイメージです。1ヶ月1274円、1年間一括12744で、必要な時だけ利用するということも出来ます。新規に買ったパソコンに入っているOfficeがサブスクリプション版だと、2年目からは自分で使用料を支払うことになります。Amazonヨドバシカメラ通販でも「1年間ライセンス」が販売されていて、ソフトをインストールしライセンス認証してから1年間使用できるという形がとられています。アカウントを持っていれば、パソコンが変わっても常にOfficeの最新版が利用できます。

breathlogotoumei.pngインターネット・パソコン ぶれす

 


nice!(0) 

IoTとは? [パソコン]

Internet of Things(モノのインターネット)が今注目されています。従来のように人間がパソコン類を使用して入力したデータ以外に、モノに取り付けられたセンサーが人手を介さずにデータを入力し、インターネット経由で利用されるものです。Internet of Thingsではモノに対し各種センサーを付けてその状態を逆にモニターしたり、インターネットを介しモノをコントロールしたりすることにより安全で快適な生活を実現しようとしています。

例えば、離れた所の環境(温度、湿度、気圧、照度、騒音、その他)や、モノの動き(衝撃、振動、傾斜、転倒、落下、移動、その他)を知ることができます。また、モノの位置(存在検知、近接検知、通過検知)を知ることもできます。複合的に利用する身近な例では留守中のペットの行動を知ることができます。

 breathlogotoumei.png インタネット・パソコン ぶれす


nice!(0) 
前の10件 | - パソコン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。