So-net無料ブログ作成
パソコン ブログトップ
前の10件 | -

大館市のドッグビュー [パソコン]

今年は戌年で、平昌オリンピックで金メダルのフィギュアスケート金メダルのザギトワ選手に秋田犬がプレゼントされたことも話題になりました。
秋田犬ブームは来るのか?と思っていたら、グーグルのストリートビューでも秋田犬のドッグビューが始まりました。ワンちゃん目線のストリートビューです。
場所は秋田犬のふるさと秋田県大館市です。案内するのは秋田犬の「飛鳥」と「あこ」、そして「ぷーこ」です。撮影は、負担にならないよう小型のカメラを背中のハーネスにつけてお散歩気分で行ったそうです。
「飛鳥」、「あこ」、「ぷーこ」に会える地点は大館市駅のハチ公前、十二所軽井沢浦山地区、他にも老犬神社、大滝温泉 鶴癒の足湯や秋田犬会館などです。モフモフの後ろ姿も映り込んでいて、とてもかわいいですよ。ぜひ見に行って下さい。

breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす

nice!(0) 

Windowsのサポート期限 [パソコン]

マイクロソフトの製品サポートは、製品発売後最低5年間のメインストリームサポートと、最低5年間の延長サポート (合計最低10年間) が提供されます。
Windows Vistaはすでに昨年の4月に全てのサポートが終了しており、Windows7は2020年の1月に終了予定です。サポートが終了してしまうと、仕様変更や新機能のリクエスト、マイクロソフトが提供する重要な更新や無償サポートが受けられなくなります。延長サポートが終了するとセキュリティの更新プログラムや有償のサポートも受けられなくなります。つまり、とっても危険ということです。
Windows10は2025年まで期間がありますが、大型アップデートごとに18ヵ月しかサポートが受けられないので、サポートを受け続けるためには必ずアップデートしておかなければならないようです。
現在はCreatorsというバージョンですが、前のAnniversaryのままだと今年の4月10日に終了するそうなので、もしもまだ更新をしていない方は最新版にしておいてくださいね。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコン ぶれす

nice!(0) 

スリープとシャットダウン [パソコン]

電源ボタンをクリックすると「スリープ」「シャットダウン」「再起動」というメニューが表示されますよね。
パソコンが起動したまま、電力消費を最小限にして待機している状態を「スリープ」と呼びます。画面は真っ暗になりますが、マウスのクリックやキーを押す、電源ボタンを押すなどすると復帰してロック画面状態になります。一方、終了操作をして電源を切ることは「シャットダウン」と呼びます。シャットダウンは、ノートパソコンなどでバッテリーの消費を抑えたい、あるいは数日以上使わない時に実行します。そうでない時はスリープのままでも問題ありません。パソコンを起動したまま、数分間放置すると自動的にディスプレイの電源が切れスリープ状態に移行します。移行するまでの時間は「設定」⇒「システム」⇒「電源とスリープ」で変更できます。一度確認してみてください。 

breathlogotoumei.png インターネット・パソコン ぶれす

nice!(0) 

windows10アップデート [パソコン]

「Windows 10」Build 17083バージョンが公開されました。
Build 17083ではフォントの管理周りが大刷新されました。
設定から「個人用設定」-「フォント」という項目が増えて、この設定ではフォントの一覧表示とストアからの入手ができるようになっています。上部にストアへのリンク、下部にフォントが一覧で表示されます。  
また、開発に役立てるためMicrosoftへ送られる診断データをユーザー側で把握できるようになったのも大きな改善です。「診断データ ビューアー」という新しいアプリが利用可能で、「設定」アプリの[プライバシー]-[診断&フィードバック]セクションから有効化・導入できるようになっています。 
このバージョンはこの3月に向けて最終調整中ですが 、間もなく更新できるようです。
更新が始まればまた、終了・起動時に時間がかかりますので、少し気を付けておかないといけませんね。
breathlogotoumei.png インターネット・パソコン ぶれす

nice!(0) 

画面中央に「あ」 [パソコン]

Windows10以降、入力モードを切り替えると、一瞬画面中央に「あ」とか「A」とか表示されます。一瞬で消えるし、まあいいかとは思いますが、気になる方もいらっしゃると思います。そこでこれをやめる方法を紹介します。
1.入力モードのボタン上で右クリックします。→ 2.プロパティをクリック→ 3.「Microsoft IMEの設定」画面で「画面中央に表示する」のチェックを外します。これで「あ」は出てきません。気になる方はお試しください。
また、以前からwindowsを使っている人の中にはWindows10になって言語バーがない!ことに戸惑っている方もいると思います。そこで今度は言語バーを表示してみましょう。
これは以前のコントロールパネルから設定できます。
スタートメニューの「windowsシステムツール」で「コントロールパネル」をクリックします。
すると昔ながらの(?)コントロールパネルを開くことが出来ます。「言語の追加」をクリック→左のメニューの「詳細設定」をクリック→「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れます。
すると右のような言語バーが表示されます。使い方は従来通りですよ。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

ラインの送信取り消し [パソコン]

LINEで送信の取り消しができるようになるそうです!実装されるのは12月以降ですが、「送信取消の対象となるメッセージは、機能提供開始時は24時間以内に送信したメッセージ」だそうです。LINEは自分の画面ではメッセージを削除できても相手の画面はそのままでした。度送信してしまったら消すことはできなかったのですね。何で今までできなかったんでしょうね?「既読」のついたメッセージの削除可否や消し方などの詳細12月以降に発表されるそうですこれで送信相手を間違えた、まじめな話の最中にふざけたスタンプを送ってしまった、写真を間違えたなどの失敗がなくなりそうで、利用者にとってはとっても朗報です。24時間の時間制限や他の機能もユーザーの反応を見てアップデート予定だそうです。


 breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(1) 

2段階認証 [パソコン]

「認証」とは利用者が本人かどうか確認するものですよね。なのでIDやパスワードが必要となってくるのです。が、最近はこれだけでは安全とはいえません。さらに安全な認証の方法として2段階認証があります。2段階認証は、利用者が知っている情報を2回に分けて認証します。パスワードで認証後、自分が登録した情報(メールアドレスや秘密の質問等)が問われてそれに応えることや、サービス提供者から発行された確認コードで認証するものです。確認コードは利用者が登録したメールアドレスに送信されます。期間限定で期間が過ぎれば利用できなくなる仕組みですので、指定期間内にログインしないと再度ID・パスワードの入力を必要とします。たまたま知ったID・パスワードだけではログインできないので安全性が高まります。また、オンラインバンキングなどで利用される2要素認証はさらに安全です。2要素認証はID・パスワードとトークンやスマートフォンなど利用者が持っているものに表示されるワンタイムパスワードを組み合わせて認証します。マイナンバー制度のセキュリティ対策でも2要素認証が導入される予定です。ちょっと面倒な2段階認証・2要素認証ですが、安全、安心というメリットにはかえられません。


 breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

フラッシュのサポート終了 [パソコン]

Flash(フラッシュ)とは1996年に誕生したWebページで動画やアニメーションを再生するためのツールです。バナー広告やゲームやタイピングソフトなど、動くもの全般に使われていました。一時は圧倒的なシェアを誇って、インストールされていないと、ホームページの閲覧や操作に支障があるほどでした。ところが、開発元のAdobeシステムズはこの「Flash Player」の配布とアップデートを2020年に終えることを725日発表しました。理由はアップル社の「iphone」「iPad」がフラッシュに対応していないこと、ホームページ規格がマルチメディア対応にバージョンアップされたこと等です。ただ、今でもWebページ上ではFlashがないと動かないものが結構あります2020までには、全てFlashがなくても動くようになるのでしょうか現在よく見ているページがリニューアルされたら、こういう事情もあるかもしれません。


breathlogotoumei.pngインターネット・パソコン ぶれす


 


nice!(0) 

自動更新VS強制更新 [パソコン]

今年の4月にマイクロソフトが発表した大型アップデートのCreatorsですが、配信のピッチが高まっているようです。最近PCを起動したらものすごく時間がかかってしまって困ったという経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。ほとんどの方は、「自動更新」をオンにしているので気付かないうちにクリエイターズアップデートがダウンロードされます。パソコンの終了時に「更新してシャットダウン」や「更新して再起動」というメニューがでる機械の方は、自分のタイミングで更新ができるのでいいのですが、メニューが出ない場合は、ダウンロード後の起動に最大で2時間ほどかかるようです。パソコンをすぐに使用したい場合には注意が必要です。普段からパソコンを終了するときに更新のメッセージが出ていた時は、一度時間に余裕のある時に起動する、と覚えておくといいです。この自動更新は、Windows 10 Proでは延期設定をしておけば勝手に更新されるのを回避できるのですが、Windows 10 Homeでは回避不可能だそうです(‘Д’)あきらめて待つか、自分の都合のよい時に強制的にアップデートしておくかです。自動更新をオフにしてしまうという手もあるようですが、おすすめは出来ません。強制的なアップデートは、スタートボタンの〔設定〕から〔更新とセキュリティ〕を選ぶと、新しい更新プログラムの有無がわかりますので、もし「お使いのデバイスは最新の状態です」という表示でなければ、その場でアップデートを実行します。自動更新に困っている方は試してみてください。


breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


 


nice!(0) 

画像に簡単モザイク [パソコン]

さて、前の記事の続きのようですが、他人が映り込んでいる写真をブログやSNSに載せる場合はその人の許可がないといけないません。でも、許可があったとしてもプライバシー保護のためにモザイクをかけたい場合もあるでしょう。画像処理のアプリがあればよいのですが、ない場合はwindows標準装備の「ペイント」でモザイクっぽくすることも出来ます。やり方は意外と簡単ですのでぜひ参考にしてください。
①ペイントで画像を読み込む。
②選択ツールででモザイクをかけたいところを選択する。
③「サイズ変更」で縦横比を維持したまま、水平と垂直方向を20%に縮小する。いったん「OK」をクリック
④再び「サイズ変更」で水平と垂直方向を500%に拡大する。
これで結果的にはピクセルが荒くなってモザイクをかけたような効果が得られます。お試しください。

 breathlogotoumei.pngインターネット・パソコン ぶれす


nice!(0) 
前の10件 | - パソコン ブログトップ