So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

台風21号

平成最強の台風21号。自宅などに被害を被られた方もたくさんいらっしゃると思います。まさか、これほどの強風が吹くとは思ってもみませんでした。
平野神社の本殿や渡月橋の欄干も倒壊してしまいました。
京都駅の駅舎のガラスも割れてけが人がでました。
街路樹や神社の大木などの枝もたくさん折れて、鴨川の枝垂れ桜も根本付近から折れていました。来年の桜のシーズンはどうなるのでしょう?
教室の前のケヤキの枝も無残に折れていました(T_T)。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

秘密の質問 [パソコン]

Webサービスなどで、パスワードを忘れた際の本人確認手段として「秘密の質問」を設けいているサイトはよくあります。でも、秘密の答えはパスワードより推測されやすいので、正直に回答せずに例えば「母親の名前は?」という質問には「比叡山」などのように設問とは関係のない答えにするのが良いという意見があります。
ただ、そうするとパスワードを忘れた時の秘密の質問の答えも覚えておくのも一苦労ですね。


breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす

nice!(0) 

VTuber [注目ワード]

VTuber(ブイチューバー)という言葉を聞いたことがありますか?
VはバーチャルのVで、バーチャルYouTuberとは、架空のキャラクターを通常のYouTuberのように見立て登場させた動画のことです。まあ、見た目はアニメですね。現時点で最も知名度があるのはキズナアイというキャラクターです 。 動画の制作方法は普通のYouTuberとは違いますが、内容は同じです。一体どうやってバーチャルのキャラクターを動かしているのかというと、“3Dモーションキャプチャー”という技術を使用しているようです。全身に専用に器具を取り付け、それにより使用者の動きをアバターに反映させていることになります。 現実の人物ではなかなかできないようなアングルやシチュエーションなどを簡単に実現できてしまうのも、魅力の一つです。それなりの技術は必要なようですが、アバターを登場させるのであれば自分の顔を出す必要はありませんし、単純にアバターが可愛いので、もしかすると普通のYouTuberより人気が出やすいかもしれません。ここ最近テレビ局によるVTuber起用が相次いでいます。「TBSニュース」のツイッターでフリー素材サイト「イラスト屋」のイラストを使ったVTuberもデビューしました。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

テレビの進化 [注目ワード]

数年前にアナログから地上デジタル放送に変わったと思ったら、またテレビが進化(?)します。2020年の東京オリンピックに向けて国を挙げて整備している事業、それはテレビの4K・8K放送です。
今年の12月1日から実用放送がスタートするのです。
テレビ放送が4K・8Kになるとどうなるかというと、非常に解像度の高い鮮明な画像になります。テレビの画面には小さな粒が並んでいて、これを画素と呼びます。現行のフルハイビジョンの画素数は1920×1080です。これが4Kになると、3840×2160と約2倍になります。さらに8Kでは7680×4320と4倍くらいになるのですね。
4K・8Kの特徴は画面が鮮明な事だけではありません。表現可能な色の範囲が大幅に拡大し、実際に見える色に近い表現が出来ます。動きの速いスポーツなどの映像もぼやけず滑らかに表現できます。音響面でも臨場感あふれる音響を体感できるそうです。
すごい!すぐに見たい!と思いますが、利用にはいろいろクリアするべき点もあります。まず、アンテナは右旋と左旋の両方を受信できる共用タイプのアンテナが必要です。さらに、機器や配線も交換が必要になり、もちろんテレビ本体とチューナーが4Kに対応していなければなりません。また、8Kに対応したテレビはまだ高価です。
どうしても8Kが見たい方はNHK京都8Kプラザで見ることが出来ます。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす

nice!(0) 

タクシー配車サービス [スマートフォン・タブレット]

中国の配車サービス大手のDidi Chuxing(滴滴出行、ディディチューシン)が9月27日よりスマートフォンでタクシーの配車依頼ができるサービスを始めました。
滴滴出行は、中国を中心に世界で約5.5億人が利用するライドシェア(相乗り)サービスで海外では、一般のドライバーが自家用車で送迎する「ライドシェア」をメインに提供していますが日本では「白タク」行為に当たるとして、既存のタクシー事業者と提携する道を選んだそうです。
スマートフォンによるタクシーの配車サービスといえば、米Uber Technologiesが2016年9月から東京都23区、横浜市、川崎市、大阪市などの一部地域でスマートフォンアプリ「Uber」(ウーバー)を開始しています。
利用方法は、利用者がアプリで現在地か指定場所まで配車を依頼すると、行き先や降車位置を決定し配車が確定します。タクシーの到着時刻や想定配車料金などを事前に確認でき、運賃はアプリを通じてクレジットカードで支払います。
タクシー事業者の訪日外国人に対応する際の言語や決済の課題を解決できると期待されています。
タクシー配車サービスは競合が多く、既にDeNA(ディー・エヌ・エー)と神奈川県タクシー協会が「タクベル」の提供を始めた他、ソニーも都内のタクシー会社7社と新会社を設立してサービス開発を進めています。
日本の老舗 JapanTaxiは、タクシー配車アプリ「全国タクシー」の名称を「JapanTaxi」に9月12日に変更し、訪日外国人旅行者などの利用を見据え、より分かりやすく社名とも統一しました。
京都ではこの「JapanTaxi」と「京都タクシー呼び出し」が利用できます。
Uberは、レストランと提携し商品を配達してくれるシステムUber Eatsを一足先に京都で始めていますので、タクシー配車も間もなく始まるのでしょうね。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

台風一過 [ご挨拶]

9月は地震、大雨、台風などで大変な1か月でしたが、10月に入って涼しくなり、秋らしい青空も広がる日もふえましたね。
キンモクセイの花も満開で街中よい香りに包まれているようでとても良い季節になってきました。
いろいろなイベントも行われるようです。
寒くなるまでのわずかな時期にぜひ、お出かけなど楽しんでください。 
もちろん、教室にも足をはこんでくださいね~!

breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす

nice!(0) 

老舗ホテルの閉店 [市役所前近況]

京都市役所前の「ホテル本能寺」が昨年、10月に閉館し、全面的に建て替え中です。ホテル本能寺は昭和37年3月に開業だそうなので、50年以上の歴史があります。老朽化の為の建て替えで、新ホテルは、1階に店舗が入るほか、最上階の9階に大浴場が作られ、2019年10月に営業再開されるそうです。
そして、三条河原町の方にある京都ロイヤルホテルも閉店中です。こちらも建物の老朽化で改修を検討したそうですが、多額の耐震費用がかかるため売却されました。売却先は、現在の建物を取り壊し、新たにホテルを建設するという事です。
こちらのホテルも1972年に開業しており、45年以上が経過しています。どちらも近年は外国人観光客の増加を受けて客室稼働率も順調だったと見られます。
京都の老舗ホテルは最近、建て替えが結構多いですね。
二条城の前の京都国際ホテルも今は更地になっています。
こちらは20年前後に200室規模の高級ホテルが建つようです。


breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす

nice!(0) 

顔認証 [注目ワード]

顔認証とは、個人の顔をカメラで撮影して認証する仕組みです。最近発売のスマートフォンにも搭載され話題になっていました。使っている人によればすごく便利になったとのことでした。
スマートフォンの認証に限らず、様々な場所で顔認証が普及しつつあります。空港の審査や、無人のコンビニや企業の入退場管理、マンションの開錠システムなどです。顔だけで何の操作も必要ないのでとっても便利です。家の玄関のドアにも導入出来たら便利でしょうね。鍵を持ち歩く必要がなく、両手が荷物でふさがっていても鍵が開いてくれます。
でも、考えてみると自分に似た人は世の中に3人いるといわれています。また、そっくりな双子の場合やマスクや濃いメイクをしていたら?そのあたりの安全性を疑問視する声や普及しすぎるとプライバシーの問題もあります。
新しい技術は、便利な反面ちょっと不安なところもありますね。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

ホームページリニューアルします [教室]

9月20日よりぶれすのホームページをリニューアルします。
見た目はそれほど変わらないかもしれませんが、時代に即したページに変更しました。
というのも、現在のホームページを作った当初はまだまだスマートフォンは普及しておらず、パソコンで見て頂くことを前提に作ったものでした。ですのでスマホで表示させると小さーくなるため拡大しないと文字が読めませんでした。そのため携帯・タブレット用のページを別に作り、PC用のページから自動でジャンプさせていたのです。
今回のリニューアルで、別ページを用意しなくても見ていただく機種によって自動で適正なサイズに変更されるようになりました!
ぜひ、色々な機種で見てみてくださいね♪
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

宿題は自分でやろう! [注目ワード]

「文部科学省は、8月上旬に『宿題は自分でやるべきで、他人の作品を提出するのは望ましくない』として出品禁止を要請し、フリーマーケットやオークションサイトを運営するメルカリ、楽天、ヤフーの3社が、学校の宿題を想定した作品の出品を禁止した。」そうです。
最近では、学校の宿題として提出されることを想定した読書感想文や自由研究などの作品がネット上のフリーマケットサイトなどに出品されています。
宿題が簡単にお金で買えてしまう訳です。例えば読書感想文が600円、自由研究のレポートが2780円で、実際に売買が成立したケースもあったそうです。夏休み定番宿題(?)毎日の天気、気温調べも忘れてしまったら、簡単にネットで探すことが出来ます。便利な世の中になったなあ~と子供のころ読書感想文や絵日記に苦労した経験のお持ちの方は感心するかもしれません。
でも、いくら便利だからといってもやはりズルはいけませんよね!もしばれてしまったら本当に厄介なことになるのは想像できます。以前からメルカリに読書感想文などが出品されていることは問題になっていました。もっと早く禁止するべきでしたね。もう夏休みも終わりましたから。
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 
前の10件 | -