So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

タピオカ戦国時代 [市役所前近況]

2019年前半、京都河原町界隈ではタピオカティーの店舗が続々と開店しており、
「京都タピオカ戦国時代」と言われていますがご存知ですか?
この四月以降にオープンの店だけでもこんな感じです。
4/23に大丸の近くに台湾系ミルクティー、シカ印の「THE ALLEY」(ジ・アレイ)
5/1に立誠図書館東に抹茶タピオカのインク瓶ボトルがおしゃれな「抹茶共和国」
5/3に三条ギアそばに生タピオカ使用のシロクマキャラクター[オツモパール」
5/4に新京極ロックンプラザに台湾ティー専門「霧社茶町・MuShaChaMaChi}
5/24に四条寺町を上ったあたりに黒糖タピオカミルクティー「辰杏珠・Shinanju」
6/1に河原町オーパ西にクレープ専門店の新業態としてオープン「瑪蜜黛・MOMITOY]
どの店もオープンするやいなや若い女性達が大行列していて、何時間も並んでゲットしたドリンクを片手にポーズをとってスマホで写真を撮ってますよ。



nice!(0) 

混沌の継続というPC [注目ワード]

Windows XP SP3搭載のノートPCが米国のオークションで120万ドル、約1億3000万円もの価格で落札されました。ノートPCとしては異常な高値ですが、このPCが何か特別なものなのでしょうか?実はこのノートPCは「The Persistence Of Chaos(混沌の継続)」と名付けられ、過去に大きな被害をもたらしたマルウェア6種類がプリインストールされています。
つまり歴史的なマルウェアがいまなお動作する、いわば「生ける標本」として、高い価値があると判断されたそうです。もちろんマルウェアがいまだ動作していることから外部機器と接続するためのポート類はすべて無効化されています。また、運用目的でマルウェアを販売すると罪に問われることから、ノートPCとしてではなく芸術作品として出品されています。
ちなみにインストールされているマルウェアは次の6つです。ILOVEYOU・MyDoom・SoBig・WannaCry・DarkTequila・BlackEnergy——どれも世界に大きな被害をもたらしたマルウェアです。


nice!(0) 

携帯の新料金プラン [スマートフォン・タブレット]

6月1日より、各社一斉に大手3社の新料金プランがスタートしました。4割値下げと言われている携帯3社の料金プランは以下の通りです。
docomoはギガライトとギガホの2種類、Softbankもミニモンスターとウルトラギガモンスターの2種類。auは新auピタットプランとauフラットプラン7プラスに加え、夏からauデータMAXプランの3種類です。
今回の料金改定は、インターネット接続に必要なパケット量が焦点になっています。
1GB未満のプランでは各社同じで最初の1年は1980円で2年目からは2980円となります。大容量プランではdocomoでは30GBまでは4980円、auでは制限なしで5980円、Softbankは50GBで3480円となります。
ただ、この料金が適用されるには、家族3~4人以上の家族割や、2年契約・通話料別払いなど条件がたくさんあります。
各社の条件や割引の期間など、やはりちゃんと調べないといけません。


nice!(0) 

Windows7サポート終了 [パソコン]

2009年に登場したWindows7がいよいよ2020年1月14日にサポート終了となります。
Windows7を使っていらっしゃる方はそろそろ買い替えの準備をしておいた方が良いかもしれません。
もちろん、Windows 7のサポートが終了しても、PCそのものが使えなくなるわけではありません。しかしサポートが切れてしまうと、新しいウィルスへの感染や個人情報の漏洩などセキュリティ面での被害を受ける可能性があります。
マイクロソフト製品は発売後最低5年のメインストリームサポートと最低5年の延長サポートが提供されます。メインストリームサポートでは新機能の追加や仕様変更も含めて幅広いサポートが提供されますが、延長サポートに入ると基本的にセキュリティ関連の更新プログラムのみの提供となります。
Windows7はこの延長サポートも終了してしまうのです。
これを回避するのはWindows10へのアップグレードです。
今使っているパソコンがWindows10の要件を満たしていればアップデートすることが出来ます。でも、かなり古いパソコンであればアップグレードをしてもアプリや周辺機器が対応しきれない可能性が大きいので、新しいパソコンを買ってデータを移行する方がより快適に使えます。


nice!(0) 

めざせYou Tuber? [注目ワード]

たびたび話題となっていますが、今の小学生が将来なりたい職業の第2位はYou Tuberだそうです。これは日本に限った事ではなく、お隣、韓国でも5位にランクインしているそうです。世界的にYou Tuberは人気の職業なんですね。
最近では、「少年革命家 ゆたぼん」なる10歳の小学生が話題ですが、小学校を不登校だという事もあり物議をかもしています。
小学生の間で圧倒的人気を誇るHIKAKINさんは最近はテレビ番組で見かけることも多いですね。
HIKAKINさんの年収は数億と言われています。ですが彼のようにものすごく高収入のYouTuberはごくごく少数です。You Tuberの収益化条件としてチャンネル登録者数1000人以上、公開動画の総再生時間が過去12か月で4000時間以上という条件が最近加わりました。
また、たとえ条件を満たしていても1再生当たりの収益は0.05~0.1円程度だそうです。つまり月収20万円得ようとすると1か月に200万再生してもらわないといけない計算になります。なかなかの厳しさです。しかも再生回数を稼げるジャンルはやりつくされてしまっており、かなりの工夫が必要なようです。HIKAKINさんは7分ほどの動画編集に6時間かけているそうです。一見楽をして楽しい事をしながら稼いでいるように見えますが、やはり現実は厳しいようです。
企画力や編集などのセンスがいりますし、何よりもめげずに投稿し続ける根性が必要なようですね。


nice!(0) 

梅雨の晴れ間 [ご挨拶]

5月は日本中でこれまでの最高気温を更新するほど暑い日が続き、梅雨もまだなのにどうなることかと心配です。
暑さと言えば来年夏のオリンピックの暑さ対策として
小池都知事が頭にかぶるタイプの傘を発表して、ボランティアの方々に配布を検討しているとのことですがどうも評判は良くないようです。とはいえこの猛暑で男性用日傘も話題になっていますね。
雨が降ってもジメジメと不快な時期に入りますが、たまの梅雨の晴れ間などの際にはぜひ教室にお越しください。


nice!(0) 

東京オリンピックのチケット [イベント]

いよいよ東京オリンピックのチケットの販売抽選が5月9日の10時から始まります。
史上最多の33競技・339種目が42の競技会場で開催されますが、せっかく日本で開かれるのでぜひ会場で観戦したいという方はまず、ID登録が必要です。
そしてそのIDを使って販売抽選に申し込みます。
販売抽選とは抽選申込期間内に申込手続して抽選後、当選したチケットを購入できるサービスです。
6月20日から抽選結果が発表され、購入手続きができるようになります。
いずれ販売ブースも設置され、残っているチケットは販売されるようですが、まだ未定です。
希望の競技があるなら、まずは抽選に申し込まないといけません。
ここでもインターネット・キャッシュレス化を感じますね。
抽選申込は5月28日までなので、もしまだID登録をしていない方やチケット申込が不安な方は、教室でお手伝いできますよ♪


nice!(0) 

固定電話離れ [注目ワード]

「若者の○○離れ」と最近よく言われていますが今回は固定電話離れです。固定電話離れどころか、最近の若者は電話が怖いそうです。仕事の現場で電話が鳴るとビクッとして、電話に出るのが怖くて誰か出てくれるとホッとすると言う人がいるそうです。
また、メールなどで事前連絡無しで電話してくる人を「電話野郎」と 呼ぶ人たちもいるそうで、これではおちおち若者に電話もできませんね。
最近の若者の連絡手段はLINEなどのSNSが主流です。なので、そもそも家に固定電話がなく電話に出た経験も少なく、親からも防犯のため知らない人の電話には出ないなどのしつけをされていているので、相手の番号がわかる携帯電話でしか電話には出ないという習性もあります。
そういった若い世代も社会人となったら最低限のマナーは必要になるので以前よりも増して電話応対などの研修等が必要なようです。


nice!(0) 

パソコンも令和に [パソコン]

元号が変わり、資料や経理等の書類を変更しなければならなくなり、お仕事上で大変な思いをしていらっしゃる方もいるかもしれません。
マイクロソフトは、4月26日付けで公開したサポート文書にて、個人向けのWindowsとMicrosoft Officeが新元号「令和」に対応したことを案内しています。
Windows 10、Windows 7 SP1、Windows 8.1で新元号対応の更新プログラムの配布を開始、Microsoft Officeについても新元号対応のアップデートが配布されています。
Windows Updateを自動更新で利用している場合、実際に配布されるまでに時間がかかることがありますが、いち早く令和を使いたい方はWindows Updateから手動で更新できます。
Windows の更新は、[スタート] ボタンから、[設定] > [更新とセキュリティ] > [Windows Update ] の順に選択し、[更新プログラムのチェック] を選択します。
Officeの更新は、WordやExcelなどで[ファイル]→[アカウント][製品情報] で、[更新オプション]、[今すぐ更新] の順に選びます。 
またOutlookやカレンダーで令和を使いたい場合は、Windowsアップデート後、少し設定をしなければいけません。
1.コントロール パネルを開きます。
2.[カテゴリ] で並べ替えます。 [時計と地域] の [地域] 設定を開きます。
3.[地域] 設定ダイアログ ボックスで[形式] を [日本語 (日本)] に変更します。
4.[追加の設定…] ボタンをクリックして [形式のカスタマイズ] 設定を開きます。
5.[形式のカスタマイズ] ダイアログ ボックスの [日付] タブをクリックします。
[カレンダーの種類] を [和暦] に変更します。
[OK] をクリックして設定を適用します。
 
詳しくはマイクロソフトのサイト「日本の新元号対応に向けて Windows と Office を準備する方法」


nice!(0) 

「ハードウェアの安全な取り外し」不要? [パソコン]

Windows 10のバージョン1809 以降で、MicrosoftはWindows 10の外部記憶メディアの取り外しに関するポリシーを変更しており、Windows 10で、USBメモリなどの外付けドライブの「取り外しポリシー」の初期設定が変更されました。
「高パフォーマンス」から「クイック削除」に変更されたので、これまで行ってきた「ハードウェアの安全な取り外し」作業は不要になるそうです。
1809が適用され「クイック削除」になっていれば、PCとUSBメモリ間でデータのやり取りを行っているタイミング以外、つまりUSBのファイルの読み込みや保存をしていない限り、そのまま引き抜いてもいいということです。
利点もあれば欠点もあり、書き込みは若干遅くなります。
今までちゃんと「ハードウェアの安全な取り外し」をしていたのにこのマークが出なくて、不安になっている方がいれば、変更が適用されているのでしょう。
逆に1809にバージョンアップしていても、
このマークが出るPCもあります。
その場合は自分で設定を変更するか、今まで通り「ハードウェアの安全な取り外し」をしてください。
いきなり抜くのが、どうしても心配な方はパソコンをシャットダウンした後引き抜くと安全です。


nice!(0) 
前の10件 | -