So-net無料ブログ作成

タッチパネルの不思議 [パソコン]

スマホやタブレットは画面を指先で触れるだけで操作できます。こうした動作はどうしてできるのでしょうか?考えてみると不思議ですね。タッチパネルの役割は指先が触れた位置を検出することです。スマホやタブレットで使われているタッチパネルには、抵抗膜方式や静電容量方式などがあります。まず抵抗膜方式は実際に指先で押してその時の電圧から位置を検出します。銀行のATMや電車の券売機、カーナビなどのタッチパネルで利用されています。抵抗膜方式の長所は構造が単純なため低コストで製造できること、汚れや水滴に強く、手袋をした状態や電気を通さない物でも操作できることなどです。短所は2枚の透明電極膜があるので画面が不鮮明になることや耐久性が低いことなどです。もう一方の静電容量方式は、指先が画面に触れたときに加わる静電容量から位置を検出します。スマホやタブレットがこの方式です。つまり物理的に押すのではなく、静電気の量から位置を検出するのですね。静電容量方式の長所は階層が深くないため画面が鮮明であることや物理的に押さないため耐久性が高いことなどです。短所は製造コストがかかること、汚れや水滴に弱く、手袋をした状態では反応しないことです。



 breathlogotoumei.png インターネット・パソコンぶれす


nice!(0) 

nice! 0