So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

LINEのライバル [スマートフォン・タブレット]

NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクは3キャリア共通のメッセージングサービス「+(プラス)メッセージ」を発表しました。
5月9日にAndroid版を配信予定、iOS版は「準備ができ次第提供する」としています。
「+メッセージ」はドコモ・au・ソフトバンクの携帯3キャリア間のユーザーであれば電話番号だけで画像・動画・スタンプ等をやりとりできるサービスです。
従来のSMSの場合、やりとりできるのは全角70文字のテキストと絵文字に限られていましたが、「+メッセ
ージ」では全角2730文字に拡張されます。LINEのようなスタンプやグループチャット、音声メッセージ、位置情報、添付ファイルの送受信(最大100 MB)などの機能も備えます。
5月9日のサービス開始時点で「+メッセージ」を利用できるのは3キャリアのみ。各社夏モデル以降のAndroidスマートフォンに同アプリをプリインストールするほか、Google Play、およびApp Storeにて同アプリを配信します。なお、相手方に「+メッセージ」アプリがインストールされていない場合、従来のSMSでの送受信となります。
SMSでは1通3円程度の料金がかかっていたのに対し、「+メッセージ」はパケット通信料としてカウントされるので通話料ではなく、データ通信を使ってメッセージをやりとりします。 「+メッセージ」で利用できるスタンプは、アプリから無料でダウンロードでき、
まずは500点が使えるそうで、随時、増やしていくそうです。 
breathlogotoumei.pngインターネット・パソコンぶれす

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。