So-net無料ブログ作成

「ハードウェアの安全な取り外し」不要? [パソコン]

Windows 10のバージョン1809 以降で、MicrosoftはWindows 10の外部記憶メディアの取り外しに関するポリシーを変更しており、Windows 10で、USBメモリなどの外付けドライブの「取り外しポリシー」の初期設定が変更されました。
「高パフォーマンス」から「クイック削除」に変更されたので、これまで行ってきた「ハードウェアの安全な取り外し」作業は不要になるそうです。
1809が適用され「クイック削除」になっていれば、PCとUSBメモリ間でデータのやり取りを行っているタイミング以外、つまりUSBのファイルの読み込みや保存をしていない限り、そのまま引き抜いてもいいということです。
利点もあれば欠点もあり、書き込みは若干遅くなります。
今までちゃんと「ハードウェアの安全な取り外し」をしていたのにこのマークが出なくて、不安になっている方がいれば、変更が適用されているのでしょう。
逆に1809にバージョンアップしていても、
このマークが出るPCもあります。
その場合は自分で設定を変更するか、今まで通り「ハードウェアの安全な取り外し」をしてください。
いきなり抜くのが、どうしても心配な方はパソコンをシャットダウンした後引き抜くと安全です。


nice!(0) 

nice! 0