So-net無料ブログ作成
市役所前近況 ブログトップ
前の10件 | -

暑さ対策 [市役所前近況]

毎日暑いですね。
夏なので仕方がないのですが、改築工事中の市役所の塀の上にはドライミストなるものが最近備え付けてあります。
お気づきになった会員さんも多いと思います。
バス停や、デパートの前などでよく見かけますよね。市役所前のドライミストは祇園祭の暑さ対策モデル事業の一つのようです。
他にも御池通の店舗のガラスには熱線再帰フィルムというのが貼られているようです。まだ効果検証の段階のようですが、暑さ対策の様々な対策が民間企業と協力して行われているのですね。
最近はうちわならぬハンディ扇風機を持った若い女性もよく見かけますね。
ファン付きジャンパーを着ている工事の作業員さんも増えました。
京都の夏は大変です。


nice!(0) 

京都のホテルラッシュ [市役所前近況]

さて、7月になって夏本番!
祇園祭をはじめ、さまざまなお祭り・イベントがあり、観光に来る外国の方々も多いと思いますが、つい最近まであれほど不足しているといわれていたホテルの客室数が今後過剰になるそうです。
ここしばらく、ホテルの開業ラッシュであちこちにホテルが建っていました。
特に京都は多かったようで、18年の既存客室数に対する割合は 51% で国内主要9都市の中で最も高かったそうです。
供給見込み客室数を比較した需給バランスは京都は必要な客室数を1万2千室も上回るとの見込みですが、これからのオリンピックや大阪万博の際には需給バランスに合った観光客が訪れるのでしょうか(;´・ω・)




nice!(1) 

タピオカ戦国時代 [市役所前近況]

2019年前半、京都河原町界隈ではタピオカティーの店舗が続々と開店しており、
「京都タピオカ戦国時代」と言われていますがご存知ですか?
この四月以降にオープンの店だけでもこんな感じです。
4/23に大丸の近くに台湾系ミルクティー、シカ印の「THE ALLEY」(ジ・アレイ)
5/1に立誠図書館東に抹茶タピオカのインク瓶ボトルがおしゃれな「抹茶共和国」
5/3に三条ギアそばに生タピオカ使用のシロクマキャラクター[オツモパール」
5/4に新京極ロックンプラザに台湾ティー専門「霧社茶町・MuShaChaMaChi}
5/24に四条寺町を上ったあたりに黒糖タピオカミルクティー「辰杏珠・Shinanju」
6/1に河原町オーパ西にクレープ専門店の新業態としてオープン「瑪蜜黛・MOMITOY]
どの店もオープンするやいなや若い女性達が大行列していて、何時間も並んでゲットしたドリンクを片手にポーズをとってスマホで写真を撮ってますよ。



nice!(0) 

西庁舎完成! [市役所前近況]

京都市役所の整備工事、長らくかかっていましたが、西庁舎が平成31年3月に竣工し,平成31年4月1日をもって開所しました。\(^o^)/
西庁舎は地下2階,地上4階 。1階 は情報公開コーナー(平成31年5月頃移転予定)で、2階は電気室,中央監視室等 で、3,4階は共用会議室等 です。1階の情報公開コーナー以外、市民にはあまりなじみがなさそうですが、西庁舎は,将来,分庁舎を除く新庁舎への電気等を供給する設備を備えている、重要な施設なのです。環境にもさまざまに配慮しているそうで、日よけルーバーで西日をカットしたり、外壁に高性能のペアガラスを利用し,断熱等を行っています。本庁舎とは感じが違っていて、ちょっと浮いているかもしれませんが、そのうち馴染んでいくのでしょうね。 


nice!(0) 

京都の地下鉄運賃 [市役所前近況]

消費税が10%になるのに伴い、今年の10月から京都市営地下鉄運賃が値上げされることになりました。
初乗り区間(3キロまで)の運賃を現行の210円から220円にするそうです。最も長い区間の5区(15キロ超)や、2番目に長い4区(11キロ超~15キロ)も10円の値上げが見込こまれています。
定期券も同様に値上げとなるようですが、市バスの運賃は据え置かれるそうです。
京都の地下鉄料金は日本一高いらしく、実際他の都市で地下鉄に乗ると安いなあと感じてしまいます。ちなみに東京メトロの初乗り運賃は170円、大阪メトロは180円、札幌地下鉄は200円です。
地下鉄の赤字はかなり厳しい状況だそうでそのための値上げらしいですが、地下鉄も市バスもかなり込み合っているのにやはり赤字なんですねぇ。


nice!(0) 

市役所の地下? [市役所前近況]

建て替え工事中の京都市役所ですが、西庁舎はいよいよ建物の輪郭も出来上がり完成も3月と迫っています。
ですが本庁舎の方は地下に想定外の障害物が見つかったそうです。
本庁舎の地下を掘ったところ事前に電磁波レーザーなどで調査した際には確認できなかった石炭ボイラーの基礎部分などが見つかったそうです。
1917(大正6)年に完成した2代目庁舎の基礎部分のようで撤去するには9億円が必要で工事費も増える上に、本庁舎の完成時期が予定より7~9カ月遅れ、2021年6~8月にずれ込んでしまうそうです。
また、従来の庁舎で業務を続けながらフロアごと移転を進める「居ながら工事」に入ったそうですが、騒音や振動がひどく、中止したそうです。
外からは順調そうに見えますが、なかなか計画通りには進んでないようですね(´・ω・)


nice!(0) 

今はもうない!あの建物 [市役所前近況]

京都市役所の改築工事もたけなわ、御池通に面した京都マラソンPRの巨大看板も華々しい新年です。でも市役所は元の建物が残ることになって良かったですね。市内では建物の大小はあるものの古い建物が次々と取り壊され、寂しく思っている方もいらっしゃるでしょう。今回は近隣の解体されてしまったレトロな建物を紹介します。もう写真でしか見ることができないのです。
●平学寺書店
2017年に取り壊されました。昭和初期に建てられたレトロな外観が特徴でしたが、老朽化が著しく解体されました。
●新風館
現在工事中ですね。複合商業施設でしたが、その前はNTTの
建物でした。完成するとホテルになるようです。
●本能寺会館
昭和37年開業なので、レトロという感じではありませんでしたが、おなじみの建物でしたね。来年ホテルとして再開業するようです。
●川井家住宅
京都市内で最古級とされる町家だそうですが、昨年の8月に解体されてしまいました。京都市の公的支援がなかったとして批判されていましたね。跡地はおそらくマンションになるようです。
●川井家住宅
京都市内で最古級とされる町家だそうですが、昨年の8月に解体されてしまいました。京都市の公的支援がなかったとして批判されていましたね。様々な事情があって解体されました。跡地はおそらくマンションになるようです。

nice!(0) 

時代まつり [市役所前近況]

10月22日に時代祭りが行われました。
昨年は台風の為、初めて中止になったので2年ぶりの開催でした。
例年、教室から見学させてもらっています。
今年は、衣装の一部も新調され豪華な衣装が秋晴れの空にはえていました。
時代祭りの行列はかなり長く2㎞くらいあり、参加人数は約2000人
です。日本のお祭りでも有数の規模ですが、これだけの人数の衣装の管理はとても大変です。
衣装の管理などは京都の旧学区や地域で分けた1~11の平安講社が各時代を受け持ち、その時代の行列の人員、衣装などの管理などをすべて行なっています。
講社以外にも京都青年会議所、京都市地域女性連合会、京都花街組合連合会など多くの団体が参加、加えて学生ボランティアも祭を支えています。
大勢の人々に支えられてこそ、大規模なお祭りができるのですね。


nice!(0) 

台風21号 [市役所前近況]

平成最強の台風21号。自宅などに被害を被られた方もたくさんいらっしゃると思います。まさか、これほどの強風が吹くとは思ってもみませんでした。
平野神社の本殿や渡月橋の欄干も倒壊してしまいました。
京都駅の駅舎のガラスも割れてけが人がでました。
街路樹や神社の大木などの枝もたくさん折れて、鴨川の枝垂れ桜も根本付近から折れていました。来年の桜のシーズンはどうなるのでしょう?
教室の前のケヤキの枝も無残に折れていました(T_T)。


nice!(0) 

老舗ホテルの閉店 [市役所前近況]

京都市役所前の「ホテル本能寺」が昨年、10月に閉館し、全面的に建て替え中です。ホテル本能寺は昭和37年3月に開業だそうなので、50年以上の歴史があります。老朽化の為の建て替えで、新ホテルは、1階に店舗が入るほか、最上階の9階に大浴場が作られ、2019年10月に営業再開されるそうです。
そして、三条河原町の方にある京都ロイヤルホテルも閉店中です。こちらも建物の老朽化で改修を検討したそうですが、多額の耐震費用がかかるため売却されました。売却先は、現在の建物を取り壊し、新たにホテルを建設するという事です。
こちらのホテルも1972年に開業しており、45年以上が経過しています。どちらも近年は外国人観光客の増加を受けて客室稼働率も順調だったと見られます。
京都の老舗ホテルは最近、建て替えが結構多いですね。
二条城の前の京都国際ホテルも今は更地になっています。
こちらは20年前後に200室規模の高級ホテルが建つようです。



nice!(0) 
前の10件 | - 市役所前近況 ブログトップ